どろあわわ のコスパを上げて、節約しよう。

洗顔料に1ヶ月¥2,728って、安いと思いますか?

私は正直、最初は「高い!一回につき100円も!」と思いつつ、勇気を出して買ったことを思い出します。

例えば牛乳石鹸のベストセラー、カウブランド 青箱 (さっぱり) なら、1個 80円(85g)

もちろん、どろあわわはクレイ洗顔の部類に入るので単純比較はできませんが、もし比べちゃったらコスパの差は歴然ですね。

どろあわわ のコスパを上げる方法

どろあわわ公式サイトが推奨してる使い方でいくと、一回の使用量 3センチとなってます。

それで4週間分ということになってるので、一日一回として、一日 100円弱のコスパです。

公式サイトより

メーカー推奨の3センチの半分1.5センチでもいける

でも私はその半分の1.5センチ。

これで 100円の半額、50円になる。ふふふ。

こんな量でも 10秒くらいのゴシゴシで、

手のひらにこんな大きな ふわっふわでモチモチの泡ができます。
しかもしっかり硬い泡。

どろあわわ 1本で、8週間使えます ^^

もし、3センチでゴシゴシすると、こんなになっちゃいます。

この泡、顔だけで使い切れる量じゃありませんよ。両腕や両足まで使いたい場合の量ですね。

どろあわわ 洗浄成分と美容保湿

クレイ成分が毛穴の奥の汚れまで吸着し、キュッとした毛穴に導いてくれます。

あ、でも一回の洗顔くらいではそこまで毛穴の汚れは取れません。

毎日の洗顔を重ねて、一週間づつ変化していく感じです。

肌に優しくゆっくりと、といった感じでしょうか。

どろあわわが発売された頃の商品名は「どろ豆乳石鹸」と称していたように、成分のベースに豆乳を使ってます。

2018年にリニューアルされたどろあわわはこうなりました。↓

洗浄成分 | 3種のクレイ

2018年、パッケージのリニューアルより中身のパワーアップがすごいです。

洗浄成分としてこれまでのベントナイト、マリンシルトに新たにタナクラクレイを加え、今まで以上に毛穴の汚れを取ってくれます。

洗浄力がアップしたからと言って、肌に負担がかかるわけではなく、美容保湿成分もパワーアップさせてます。

美容成分 | 6種の保湿成分

国内の契約農場で育てた大豆から生まれた保湿成分たっぷりの豆乳発酵液やヒアルロン酸、ベビーコラーゲン。さらに黒砂糖エキス、米ぬか発酵エキス、米麹エキスが新たに加わり、洗顔後のしっとりもちもち感をサポートします。

生クリームのようで弾力のある硬い泡が優しく顔全体を優しく洗い上げてくれ、まるでエステに行ったような心地よさが味わえるので、やめられません。

普通の石鹸との違いは、3種類のクレイが毛穴の汚れや老廃物を吸着除去してくれ、洗い上がりの泡切れもよくさっぱりします。

肌に栄養まで与えてくれる化粧品的な洗顔料と思えれば、どろあわわのコスパの良さは実感できるのじゃないかしら。

doroawawa

それにまだあります。
一回1.5センチで、首デコルテまで洗える泡の量で朝夜二回も洗顔できて約1ヶ月は使えちゃいます。(一日一回なら2ヶ月使える)

けっこうコスパの高い どろあわわなんです。

初回半額どろあわわが復活

しばらく遠ざかっていた「初回半額キャンペーン」が、ようやく帰ってきました。

初めての方にとって、自分の肌に合うのかどうかもわからない洗顔料に、いきなり3,000円近い買い物なんて無理ですよね。

私だって初めて買ったときは、半額だからトライできましたし。

私が買った頃のどろあわわは 3,218円(税込)でしたが、今は 2,728円(税込)なので、それの半額はもうちょっとお安くなりますね。

もうひとつの朗報は 定期コースと言いながら、縛りがないこと。

1回目のどろあわわがお気に召さなければ、2回目をキャンセルできるようになりました。

半分の半分で最高のコスパに | 一回で23円

2,728円(税込)で一日一回の洗顔で、半分の1.5センチなら一日のコスパは 45円ほど。

半額で手に入れた 1,364円(税込)だと、一日のコスパは 23円です。

3センチの半分、さらに半額の半分で最高のコスパを体験できます。

気軽にお試ししやすくなった半額の どろあわわをこの機会にいかがですか。

公式サイトなら半額!
タイトルとURLをコピーしました